関西のゴルフ会員権売買ならタイキゴルフへ

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問

ゴルフ会員権を購入する際の会員権業者の選び方は?

■情報の量と質に優る業者
■長年にわたり実績が高い業者
■ゴルフ場についての知識が豊富な業者
■入会保証や瑕疵保証を書面で結べる業者
■最初の段階で実際に購入可能な金額を提示できる業者
■消費税込みの金額をわかりやすく提示できる業者
といった会員権売買業者が最適です。

ゴルフ会員権の購入までの流れについて教えて下さい

【コース選び】

【仲介業者選び】

【購入依頼】
電話やネットで担当者と条件等を確認の上、買い注文を入れる。

【商談成立】

【取引】
仲介業者と直接取引を行う。
会員証券(または株券)を代金と引き換えにお渡しいたします。

【名義書換手続き】
入会申込書や印鑑証明等を備えてゴルフ場に提出。
ゴルフ場によっては推薦者の同伴面接が必要なところや、 書類審査だけで面接免除のところもあります。入会条件や手続き等は、ゴルフ場選びの際にご確認ください。

【入会承認・お支払い】
ゴルフ場から入会承認の連絡がありましたら、名義書換料や入会金などの諸費用をゴルフ場にお支払い下さい。その時点で晴れてメンバー登録完了です。 その後、証券・プレート等がお手元に届きます。

ゴルフ会員権を購入するとプレー代金はどの程度安くなる?

ビジターの土曜日のプレー料金は、高いところで3~4万円、安いところでも1.5~2万円がかかります。メンバーになると1万円程度でご利用できます。メンバーとビジターの1回あたりのプレーフィの差額平均は(関東主要コース)、1万5,000円となります。
詳細はお問い合わせください。

ゴルフ会員権を購入して、ゴルフ場のメンバーになることのメリットは?

■会員となっているゴルフ場の優先プレー予約が出来、またビジターも同伴出来る。
※予約無しでゴルフ場に出向いてプレー出来るクラブもあります。
■プレーフィが割安。
■オフィシャルハンディキャップを取得、ゴルフ場が主催する様々なクラブ競技会に参加できる。
■一人でもエントリーが可能。
■クラブライフを通して、共通の趣味を持った友人を得られる。

ゴルフ会員権を購入する際の、名義書換料は絶対に必要ですか?

稀に名義書換料が不要なゴルフ場もありますが、基本的に必要です。
諸々の手続きを終え、入会承認が出たらゴルフ場に直接振り込んでメンバーになります。

ゴルフ会員権を売却する際の会員権業者の選び方を教えて下さい

以下の条件を満たす業者を選ぶべきです。
■情報の量と質に優る業者(好条件でお話がまとまりやすいです)
■長年にわたり実績が高い業者(多くのお客様から選ばれている理由があります)
■代金の用意が迅速で物々交換取引で安心できる業者
■早い段階でいきなり申込書や委任状を要求しない業者
■最初の段階で、実際に売却可能な金額を提示できる業者
■正確な情報をタイムリーに提示出来る業者
■直接の入会希望者から依頼を受けている業者
■消費税込みの金額をわかりやすく提示できる業者

ゴルフ会員権を売りたいがどうやって売ればよいのでしょうか?

一般的には仲介業者で売却します。知人間での売買ですが、まだ会員権が流通性を持たなかった頃にしばしば行われていました。しかし知人間だとビジネスライクに交渉できず、また最近のように会員権の売買が活発になり手続きが複雑になると、トラブルが発生しやすい取引形態ということで一般的ではありません。
現在は会員権取扱会社に依頼する方法が、最もポピュラーで安全な方法として認知されています。またゴルフ会員権市場が大きくなるにつれ入ってくる情報量も多くなり、知人間よりも有利な条件で売買できる確率が高いといえます。

会員権証書が行方不明だが、会員権を売却したいのですが?

会員証書を紛失した場合、クラブに再発行手続をされ、お手元に証書が届いてからご売却可能となります。再発行には時間がかかるケースがあり、ゴルフ場に支払う紛失代や保証人が必要な場合もあります。

父が所有している、何十年も前に購入したゴルフ会員権は売れますか?

売却は可能です。但し、名義書換停止の場合や新しい母体に変わっている場合もありますのでご相談下さい。

相続したゴルフ会員権を売却したいが、名義書換料は売る側にもかかりますか?

名義書換料は、ご入会者が支払うものなので退会者(ご売却者)が支払う必要はありません。但し、一度相続人に名義書換をしてから第三者に売却しなければならないゴルフ場は、名義書換料が発生するケースがあります。

ゴルフ会員権とは?

ゴルフ会員権とは、会員制のゴルフ場の利用権であり、その利用権を得る事によりビジターに比べ割安でプレー可能となる他、メンバー優先枠での予約も可能となります。
またクラブ競技会等への参加資格も得る事が出来ます。市場で取引されており、株式のように時価で売買されています。市場取引のトラブルに対処するために、ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に関する法律によって規制されています。

ゴルフ場の会員権があれば、ハンディキャップは取得できますか?

出来ます。オフィシャルハンディキャップを取得することで、倶楽部競技に参加できるようになります。ホームコースで倶楽部ハンディを取得する場合、ホームコースもしくはJGA加盟の他コースでプレー後にハンディキャップ取得用カードに記入し、同伴者のサインをもらいます。コースにより提出方法が異なりますが、一般的に3ヶ月以内に5枚程度のカードをホームコースに提出することでハンディキャップを決定して、通知書(ハガキ)を郵送してくれます。通知書が届いたらクラブ競技に参加することができます。

平日会員と正会員の違いを教えてください

正会員は、ゴルフ場の定休日を除いて、いつでもプレーが出来ます。クラブ競技にも全て参加でき、最も一般的な会員権で高い流通性があります。
平日会員は、定休日を除く平日のみプレーが出来ます(ゴルフ場によって土曜日利用出来る会員権もあります)。平日会員では出られない競技があります。

会員権を2つ所有していますが、両方のコースの競技会に参加できますか?

出来ます。いくつかの会員権を所有していても、どのゴルフ場の公式競技(月例・理事長杯・クラブ選手権)に参加しても問題ありません。

平日会員でも、ゴルフ場の競技会にエントリーできますか?

出来ます。主に平日会員が参加出来る競技として毎月平日に開催される月例競技があります。

お気軽にお問い合わせください! TEL 06-6583-6684 9:00AM - 6:00PM(土日祝休み)

PAGETOP
Copyright © 株式会社タイキゴルフ All Rights Reserved.